仕事を続けることについて

私の両親は還暦を過ぎています。
もうそろそろ定年退職という年齢なのですが、
父は65才を過ぎてもまだ働くつもりだそうです。
会社の方でも、父のような年金受給できるほどの年齢の人が何人も働いているそうで、
父本人もまだまだ働くつもりのようです。
まあ、それだけ働けるほど健康であるのなら、私としても安心ではありますが。
毎日働ける方が、父にとってQOLが向上するという考えもあるんでしょう。

ではこれから60才を迎える人が、仕事のことをどう考えているのかという調査結果について、
こういう記事がありました。

「60歳以降の就業及び健康」に関する意識・実態調査- 40代、50代の6割以上が60歳以降も働き続けたい 40代-70代が考える60歳以降の就業における不安の第1位は雇用先よりも『体力』

現在40代、50代の方の6割以上が60才を過ぎても働きたいと考えているのは、
個人的にはちょっと意外でした。
もう少し低いのかな、と思っていましたから。
また、高齢者が仕事によって生活を充実させ、その結果QOLを向上させているような感じもありますね。
年を取ってからも人や社会とのつながりを持つことも、やはり重要なようです。
仕事をすることは、金銭的に余裕が生まれるだけではなく、
自身の社会的な役割を実感できることで、QOL向上に役立っているようです。

しかし働きたいとどんなに考えていても、働ける身体がなければ不可能です。
その辺も40代・50代の方も不安に考えているのが調査結果からもわかりますね。
60才を過ぎると、どうしても健康に問題が出てきやすくなることもありますし、
足腰にガタがきてしまうでしょう。
若いころと比較すると、疲れも出やすくなるのは当然のこと。
働きたくても、病気などの理由で50代で退職しなくてはならないという方もいるでしょう。
そう考えると、健康で毎日しっかり働けるほどの体力や身体を維持できているという状態も、
生活の質が上がっていうrというひとつの目安になるのかもしれません。

介護施設で暮らしてらっしゃる方は、もちろんすでに退職されていますが、
施設内で少しでも自分の「役割」のようなものを持っている方もいます。
誰が決めたわけでもありませんが、レクリエーションなどのイベントで率先して参加してくださる方です。
ご自分が率先してレクを引っ張ることで、他の皆さんもより楽しめるように考えてらっしゃるんだと思っています。
こんな取り組みも、その方の生きがいにつながり、QOLを向上させているのだと思っています。

メガネひとつで世界が変わるかも

ここでは私が日頃感じている介護においての
QOLの向上についてを書かせてもらっていますが、
ふと自分のことを振り返ると、私の生活の質はどうなんだろうと考えてしまうことがあります。
私はもうアラサーという年齢を過ぎて、もうすぐアラフォーという世代。
正直、数年前よりも体力も落ちていて、仕事が終わったらもうクタクタということもよくあります。
以前は仕事が終わってから友達と食事に行ったりということもしていましたが、
最近ではとてもそこまでの体力が続かないので、まっすぐ帰宅することばかりです。
こういうことは、以前だったら友人知人と楽しい食事の時間を持つことができなくなり、
おいしい食事を食べる機会もなくなっていることから生活の質が下がっていると判断できるかもしれません。
ですが今は、十分な休息を取れる方が満足度が高いと感じるようになっています。
なので、現状で私自身はQOLが低下しているとは感じていなかったりもします。
こんな感じで同じ視点からではなく、その時々での状況に合わせて見ることで
QOLの良し悪しも変わってくるということになりますよね。

反対に、ちょっとした環境に変化を与えることで、
QOLがグッと向上することもあるんです。
ちょっと極端な話になりますが、先日私の職場にいらっしゃる入所者の方が、
メガネを新調されていたんです。
なんでも、10年近く同じメガネを使っていたそうなんです。
しかし、そのメガネがついに壊れてしまいました。
そこで先日、ご家族の方がお見えになり外出をする機会があった時、
メガネ屋に立ち寄って新しいメガネを購入していました。
すると、今まで特に気にもしなかったお部屋の飾りや汚れなどがクリアに見えるようになったそうで、
これまであまりテレビもご覧になっていなかった方なのに、
よく他の入所者の方と一緒にテレビを楽しむ時間も増えました。

何気なくお話を聞くと、メガネを変えただけで見えるものがとても増えて、
毎日の生活もなんだか楽しくなってきたとのこと。
テレビも字幕などがよく見えなかったけれど、メガネのおかげでよく見えるようになって
テレビ番組ひとつ見るだけでも楽しく思えるようになったそうです。

まさかメガネを新調しただけで、これまで日頃の生活の満足度が上がるとは、
という感じでした。
メガネは視力矯正のためのものですから、機能が回復したような位置づけになるでしょうか。
見えるものが変わるだけで、ずいぶんと人の行動も変わるものだな、と思った事例でした。

花の力でQOL向上

images

突然ですが、お花は好きですか?
花が嫌いという人はあまりいないような気もしますけど、
花束をプレゼントされればうれしいものですよね。
それに、家の中だけではなく出かけた先でキレイな花を見かけると、
癒されるというか気分まで明るくなったりすると思うんですよね。
お花を育てるのは大変でしょうけれど、お部屋に飾って楽しむのはお手軽に花を楽しめていいですよね。

と、お花の話をしたのには理由があります。
花の力を取り入れてQOLの向上を図るという介護施設が登場したというんです。
これはかなり興味深いですよね。
有名生花店と提携。園芸療法やフラワーセラピーを取り入れたサ高住が誕生!

足立区に今年10月にオープンするサービス付き高齢者向け住宅「グレイプスガーデン西新井大師」では、日比谷花壇のもつフラワーアレンジメントや生花流通といったノウハウを、京都大学の専門家監修のもと高齢者のフラワーセラピーに応用。切り花を使ったアレンジメントなどを製作する時間を通してコミュニケーションを引き出し、高齢者の心のケアに生かすプログラムを導入するのだそう。

ということで、生花店や専門家との協力の元で、本格的に園芸療法やフラワーセラピーを取り入れているそうです。
フラワーセラピーは、五感を使って花と接するというものだそうです。
介護施設では、ここまで本格的ではないものの、広い敷地があるような施設では花を育てるほかに
家庭菜園を作って野菜を育てて食事に取り入れたりというところは結構あるそうです。
高齢者の方で園芸が趣味という方もいらっしゃるでしょうから、
その趣味を施設に入ってからも続けられるのは良いことですよね。
まさにQOLの向上にも一役買っているものだと思います。

先ほど引用したような本格的なものは、園芸が好きという方だけではなくても、
フラワーアレンジメントなどを楽しむこともできるでしょうし、
新しい趣味を開拓できたりもするような感じですね。
豪華な花束や高価な花を使わなくても、花の力で心のケアができるというのは面白いです。
私の職場でも、共用施設のちょっとしたところに花を飾っていたりしますが、
そこまで深く考えずに飾っていると思います。
私はお花を選んだりしたことはなく、ただ飾っているだけなので意識したこともありませんでしたが、
お花ひとつを飾るにしても、これを見た方が明るい気持ちになってくれたら、
とか考えながら飾ると、また違うものになるかもしれませんね。

日常に置き換えてみると

また新しい週が始まりました。
とはいえ、私はシフト制で働いているので、曜日はあまり関係ない仕事なんですけどね。
それでも師走ですから、だんだん寒くなってきてますし、
なんだか周囲が慌ただしくなっているようには感じられます。
そんな時期なので先日友達同士での忘年会があり、
時間も合ったので参加してきました。

その場には職場関連の友達はおらず、
まったく仕事とは関係のない人同士での集まりだったので、
いろんな業種の仕事の話を聞けるのは、なかなか楽しかったです。
ちょっとした裏話なんかもありますからね。
なかなか私の仕事では関わらないこともあったりして、興味深かったです。

そういえば、QOLって「生活の質」という意味ですから、
捉えようによっては仕事のやりがいや満足度なども関わってくるものなんだそうです。
介護においてのQOLは仕事をする方が対象ではないので、あまり関係はないかもしれませんが。
ですが、今回のように自分と同じくらいの世代の人が集まって話をしていると、
一応仕事を持っていてバリバリ働いている人が多くて、
中にはそれなりの収入を得ていて、比較的良い仕事に就いている旦那さんがいて、
いいマンションに住んでいる、なんていう人もいますが、
だからといって決してQOLが高いとはいえないのかな、と思いました。
いくら社会的地位や収入が高くても、QOLに直結しないとも言えますよね。
QOLは一方向、一ジャンルだけではなく多方向から計るものですし、
と考えると、QOLの向上ってなかなか難しい問題なんだなともつくづく感じました。

これを介護の話へ持っていくと、どんなに身体的に機能が高いとしても、
現状の生活に満足しているとは言えないということになりますよね。
逆に介護が必要な状態で、自分の意志で動くことが難しいという人であっても、
その人にとって今の状況に幸せを感じているのなら、その方の方がQOLが高いということでしょう。

私は仕事上、複数の方のお相手をしています。
たった一人の方のお世話であれば、QOLを考えやすいのかもしれませんが、
何人もいるすべての方のQOLを向上させるのには、ひとつの方法だけでは絶対に事足らないんだな、
と思いますね。
毎日職場で自分がしていることに対して、
どう捉えられていてどの程度満足してもらえているか、
と毎回考えているときりがないですが、
ちょっとでもその人の生活に満足を感じてもらえていることを期待してしまいます。

介護施設にパチンコ!?

QOLを向上させるために何をすればいいのか、というのは、
人によってそれぞれ違うものですから、同じことを多数の人に行ったとしても
満足感の感じ方は、個人差がとても大きいものです。
ある人にはとても効果的、でも別の人にはまったく何も役に立たなかった、
ということもままあることでしょう。

高齢者の方にかかわらず、私と同じくらいの年齢の人にとっても一人一人の違いは大きいです。
たとえば、余暇をどう過ごすかという趣味の部分に至っては、
個人で楽しみ方は相当差が出てくるのではないでしょうか。
趣味はあくまでも自分のやりたいこと、好きなことです。
これが共通する人がいれば、とても仲が良くなるものです。

ちょっと前置きが長くなりましたが、
趣味という面でQOLを考えた時に、趣味を楽しめる時間ができる、または増えれば、
QOLの向上にもつながるのではないかということです。
最近知ったことですごく驚いた話につながるのですが、
なんと介護施設でパチンコを設置しているところがあるそうなんです。
しかも、「福祉用パチンコ」として専用の台なのだそうです。

私はパチンコ店に入ったことすらなく、ギャンブルにもまったく興味がないので、
正直言うとパチンコには拒否反応がありました。
ですから、介護施設にパチンコ設備が置かれているなんて、とても想像がつかなかったんです。
よく考えれば、若い頃からパチンコを趣味にされているという高齢者の方もいらっしゃるでしょうし、
施設に入ることでパチンコができなくなって趣味がなくなった、
という方もいらっしゃるでしょう。
そんな方でも施設内でパチンコを引き続き楽しめるということは、
一部の方向けではありますがQOLの向上になるのでは、と思いました。
さらに、パチンコは脳を活性化するという測定結果もあるそうで、
認知症予防などの効果も期待できるというのが驚きです。
実際にパチンコ台を取り入れている施設では、なんと1ヶ月ごとに機種まで交換しているのだとか。
パチンコについてはよくわかりませんが、いわゆる「新台入替」的なものでしょうか?
ずっと同じものよりも、遊べる台を交換した方が、長く楽しめそうですし、良いことなのでしょう。

しかしパチンコの一番の問題は、音。
パチンコ店の前を通りかかっただけでも、タバコの煙やジャラジャラ音がして、
どうもいい感じがしなかったというのが私の正直な感想でしたが、
タバコはともかく、介護施設で利用するならあの音はどうにかしたいもの。
その辺もしっかり考えられているそうで、福祉用パチンコは音を抑える工夫がされているそうです。
操作の上でも高齢者にもやさしい仕様になっているので、介護施設でも安心して遊べるみたいです。

ちょっと考えづらいことですが、
近い将来私の職場にもパチンコ台が取り入れられることもあるのかも・・・?

ADLのこと

ごく普通に暮らしていると、QOLなんて気にしたことがないのでは?
ではちょっと興味を持ったとして、QOLについて調べてみてください。
調べた結果の中に、「ADL」という単語も出ていませんか?
QOLについての記事の中には、このADLが登場してくることがとても多いのです。

ADLとは何かというと、「Activities of Daily Living」の略です。
日本語では「日常生活動作」と訳されています。
つまり日常生活において必要な動作である、食事や移動、排泄や入浴などの総称となっています。
さらにもう少し複雑な動作、たとえば買い物や家事、お金の管理などのことを
「手段的日常生活動作」という意味である「IADL」と呼んでいます。
ADLの評価はそのまま要介護度に直結するのではありませんが、関わってくるものだそうです。

ただし、必ずしもQOLはADLの改善と比例せず、イコールでもないものと考えられています。
この辺がちょっと難しい点ですよね。
日常の動作がスムーズになれば、その分生活の質も上がると思ってしまいがちですからね。
介護に携わる人などでも、QOLとADLが同じようなものだと考えている人も少なくないそうです。
ですからリハビリをがんばってADLを上げて、同時にQOLを上げようと考えます。
日常動作ができるようになったからといって、その人がご自分の生活のレベルが上がったと考えるようになるとは限りません。

あくまでも、ADLの改善はQOL向上のための基礎部分なんだそうです。
人によっては、ADLの改善でQOLが向上したと感じる人もいるかもしれませんが、
そうではない方ももちろんいらっしゃるわけです。
身体機能が充実している若い人であっても、生活に満足しているとは言えませんよね。
極端な話、それに近いのではないでしょうか。
ですが逆に、生活に満足している方のADLが低いことはそう多くはないのでは。
結局のところはADLだけ改善すればいいや、ということではないということでしょう。
QOLのことを前提に考えてADLの改善を心がけるのが、最善の方法になるでしょうか。

うーん、やはり難しいですね。
QOLは個人の考え方や感じ方にも関わってきますから、紋切り型ではダメなんだと思います。
私のつたない文章で伝わったかどうかは微妙ですが、
その人らしい生活をできるように、どのくらい介護施設でもサポートができるかということは、
いつも考え続ける必要があるのかもしれない、ということでしょうか。

最新技術でQOL向上の実験

最新家電のニュースは、目にすると読んでしまいます。
最近の家電製品ってすごい進化をしているって言いますからね。
家電芸人とか家電芸能人みたいに家電の詳しさをウリにしている芸能人までいるくらい、
技術の進歩って早いものなんだろうな~なんて思います。

そんな家電業界について、私は全然詳しくはなくて、
ネットなどで新しい情報を見るたびに、へぇ~って思う程度なんですが、
なんとこのブログで取り上げられそうな情報もあったんです。
それがこちらです。
シャープなど、亀山市で高齢者向け「健康管理・生活支援サービス」のビジネス実証を開始

参加者は毎月の利用料金を負担することにより、配布されたタブレット端末を介して自身の健康管理や健康相談サービス、買い物などの生活支援サービスの提供を受けることができます。また、参加者の継続的なサービス利用を促進するため、当社および各団体は「亀山市シルバー人材センター」と連携し、専任のスタッフがサービスの利用方法などを細かくフォローするほか、参加者の自宅を訪問し「見守り」を行う新たな仕組みも構築しています。

シャープといえば、つい最近亀山モデルの生産を減らすという報道があったばかりでしたが、
来年からその工場の地元・三重県と亀山市でQOLに関する取り組みをするんですね。

利用料が通信費込みで毎月3000円弱かかるようではありますが、
タブレット端末を通して健康管理だとか、生活支援サービスを受けられる仕組みになっているそうです。
端末での通信だけで終わるのではなく、きちんと電話でサポートをしていただける点が、
高齢者の方にも安心なのではないかと感じました。
そもそも、このような取り組みの対象者となる高齢者の方は、
タブレット端末に馴染みのない方が多いでしょうからね。
人と人とのつながりをちゃんと感じられるサービスになっているのであれば、
アリかな、という感じでしょうか。

ですが、こういった取り組みをすればすぐにQOL向上につながるというわけではありませんよね。
手元の端末でやってもらいたいことをリクエストできるだけでは、
生活の質が向上したとは言えません。
結局のところ、その後のサポートをするのは人間ですから、
その先でのサポート内容もかなり重要なのではと思います。
この亀山での取り組みはあくまでも生活支援サービスの方法のひとつでしょうか。

でも確かに、簡単に操作できるタブレット端末でサービスをリクエストできるのは便利そうですよね。
ちょっと使ってみたくなります。

難しさを感じる日々

私の職場で暮らしている方は、当然ですが高齢者で介護を必要としている方々です。
中には要介護度がさほど高くない方もおられ、
そういう方は結構アクティブだったりするんですよね。
ですから、外の空気を吸いたいとか買い物がしたいというリクエストがあれば、
できるだけ応えられるようにしています。

その一方で、ほとんど自ら何もできない、要介護度が高い方もいらっしゃいます。
先述の方のようなリクエストをすることは、ほとんどありません。
なるべく寝たきりにさせないようにという配慮は、施設の方でもしています。
ですがこのお二方を比べてみると、同じ施設にいながらにして
要介護度の違いからQOLの違いも出てきてしまうものなのかな、
と感じてしまいます。

QOLは「生活の質」という意味だということは、すでに書きました。
これを自分に当てはめてみましょうか。
たとえば自分の生活の質を向上させるためには、一体何をすればいいんだろう?
と思いませんか?
自分自身の生活の質を、今よりもっと向上させる方法って、
すぐには思いつかないものではないでしょうか。
お金や物で満足していることがQOLを高めることにはならないことが、
物にあふれた現代ではなかなか掴みきれない問題になっているのではないかと思います。

では、介護でのQOLはというと、さらに難しくなってくると思うんですよ。
自分自身のことですらはっきりとQOL向上の方法がわからないのに、
他人のQOL向上って一体どうすればいいの?なんて思いませんか?

基本的には、その人が満足でき、自分らしい生活を送れるようにすることだといわれています。
ご自身の価値観によるものなので、たとえば介護施設に入所されている方全員に同じことを行ったとしても、
一人ひとり受け取り方が違います。
ですから、誰かは満足していても、他の方はまったく満足していない、ということも起こり得ます。
このあたりが介護施設でのケアでも難しいことだと思います。
その人なりの価値観に合わせたことを一度に行うのは、まず不可能ですよね。
レクリエーションを行ったとしても、いつでも楽しくできる方もいれば、
今はどうしてもそんなことをやる気分ではないのに、という方もいるでしょう。

すべての方のQOL向上を一度にできるとは考えていませんが、
少しでも多くの入所者の方に、これまでの生活よりも今の生活が充実している、
と感じてもらえるように努力するのが、私たちの仕事なのかな、という感じです。

芸術鑑賞にも良い効果が

突然ですが、芸術鑑賞はお好きですか?
私は悲しいことに全然アートや芸術には詳しくはありませんが、
有名な画家の特別展なんかがあると聞くと、休みの日に観に行ってみることもあります。
そういう展覧会はいつも激混みでゆっくり絵画鑑賞をするのも難しいですが、
美しいものを観ることはきっと自分にとっても良い影響があるんだろうな、と思いながら観ています。

なぜこんなことを書いたかというと、こんな記事を見つけたからです。
MoMA発祥、認知症高齢者がアートを観賞して脳に刺激を。QOLの向上にも!

MoMAで行われた、芸術の力を認知症の方やご家族などとのコミュニケーションツールにするというプロジェクトだそうです。
普段あまり目にしない芸術作品を鑑賞することで、脳のあまり使わない部分が刺激され、また認知症の方にも楽しんでもらえるそうです。
MoMAなんて遠いところのお話、なんて思われるかもしれませんが、
日本の介護施設においても、このような芸術鑑賞などを取り入れたプログラムやレクリエーションが行われているんですよ。
近隣に美術館などがある施設であれば、外出レクなどで美術館へ行くというところもあるのだとか。

残念ながら私が働いている職場では、今回ご紹介したMoMAのような有名な絵画の鑑賞は行われてはいませんが、
毎日行っているレクの一つとして、入所者のみなさんで合同で一つの作品を作るという取り組みは行っています。
普段は日常的に行っていることなのであまり意識したことはありませんでしたが、
よくよく考えるとこれもひとつのアート活動ですよね。
毎日少しずつ完成へ向けてみなさんで協力することによって、
入所者の方同士のコミュニケーションにも一役買っているのが見て取れます。
そして完成した後の達成感をみんなで共有できることも、良いことだと思います。
お手伝いをしている私たちまで、感動してしまいますものね。
有名な画家の作品を鑑賞するだけではなくても、自分たちで一つの作品を作り上げるということも立派なアート活動です。
この活動をきっかけにして趣味へつながったり新しいコミュニケーションを作ることができたり、
毎日何かを継続するということで生活にも張り合いが生まれるという意味で、
芸術にかかわる活動もQOLの向上へつながるのではないかと思います。

機会があれば、遠足レクなどで一度美術館での芸術鑑賞へ入所者のみなさんを連れて行ってみたいなあ、
と思わされた記事でした。

はじめまして

はじめまして。
私は35才女子、介護施設で働いています。
こういう仕事の情報を発信するようなところって案外あるようでないもので、
そんなわけでブログを始めてみようかな、と思いました。
日々仕事上で気になったこととか、仕事がらみで気になることとか、
個人的な目線から書いていければと思っています。

さて、さっそくですが、
このブログのタイトル「QOL向上講座」と名づけましたけれど、
そもそも「QOL」って何?っていう方も多いんじゃないでしょうか。
私も、この仕事をしていなければ知らなかっただろうし、
気にすることもなかったんじゃないかと思います。

「QOL」とは、「クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)」の略です。
カタカナにしてみると何となく想像できるかもしれませんが、
つまりは生活や人生の質ということです。
毎日イキイキと楽しく充実した満足できる生活を送っているのなら、
QOLが高いと言えるでしょう。
しかしこれは一人一人の感覚や考え方にもよりますので、
複数の方が同じ状況に置かれていてもQOLは違ってくるものになりますね。
そしてQOLは人生、毎日の生活にかかわることですから、
介護に限らず病気やケガで入院している人にも当てはまりますし、
突き詰めていけばすべての人にとってQOLは関係してくるものといってもいいのではないでしょうか。

このQOL、実は介護においても重要視されてきているんです。
介護施設で高齢者の方を介護するというと、一般的にイメージされるのは、
毎日の入浴や食事、排泄のお手伝いやリハビリで機能回復に努めることくらいかもしれません。
それに加えて、その人らしい生活をできるように、個人個人の生活の質を向上させることもとても大事なんです。
つまり、これが介護施設での「QOL向上」になるというわけですね。

一人一人まったく違う方のQOLを大切にする介護というのは、簡単なことではないですから、
正直毎日職場で介護をしていても、これでいいのかな、と自問自答することは少なくありません。
私の介護でこの方の生活の質は果たして向上するのかな、
とつい考えてしまうこともあります。
いろいろな介護関連のサイトなどを参考にQOLを考えていますが、
このブログを書きながら、自分自身でもQOLについて知り、考える機会を得られるかなとも考えています。
ここを読んでくださっている皆さんと一緒にQOLを理解し、考える場にできるのが理想です。

長くなってしまいましたが、これからよろしくお願いします。