老人ホームの夫婦入居にデメリットはある?

たいていの老人ホームは1人で利用する個室が完備されているものですが、
中には2人部屋が用意されている施設もあるという話は
以前にも書きました。

老人ホームの2人部屋を利用できるのは夫婦だけではありません

2人部屋に入られるのは、特にご夫婦での場合が多いかと思います。
どちらも自立しているけれど、この先介護を受けることになった時のために
2人で自宅から移ってきたり、
ご主人もしくは奥様どちらかが介護が必要なので、
24時間安心して暮らせる老人ホームへ2人一緒に移る、
というケースは割とよく聞く話です。
c7f748a941e9df442e76efb4e544d033_s

そのため、老人ホームの2人部屋を利用するのはご夫婦というイメージが強いのですが、
実は必ずしも夫婦でなければならないというわけではありません。
兄弟や姉妹、または友人同士で老人ホームで一緒に暮らしている
という方もいらっしゃいます。
この先の人生を一緒に過ごしたい人と一緒に暮らせるということで、
老人ホームを次の住まいとされているのでしょうね。

夫婦で老人ホームを利用するデメリットはある?

とはいえ、やはり2人部屋は夫婦でのご利用が多く、
施設の方でも夫婦での利用を念頭に置いていることもあるでしょう。

夫婦どちらかが要介護状態であれば、介護のために利用希望されると思いますが、
その場合、部屋に介護職員が出入りすることとなります。
日中だけではなく夜間も出入りすることもありますから、
自立されている方の生活リズムが崩れる恐れがあるのが、
夫婦で同じ部屋を利用するデメリットと言えるかもしれません。

それに、夫婦で同じ部屋に入りたいと希望していても、
2人部屋の設定自体がない老人ホームも数多いものです。
そのため、利用できる老人ホームが絞られてしまい、
選択肢が狭まってしまうこともあります。
入所条件も施設によって違いがあり、
2人とも要介護状態でなければ入れない老人ホームがあることも。

また、当然のことながら2人分の費用がかかります。
2部屋を利用するより安くはなりますが、
自立されている方も一緒にお住まいになるわけですから、
在宅介護でかかる費用よりも高くなってしまうのもデメリットでしょうか。

7c4027df97368e23a0b946d9be62afd2_s
しかし、身近に介護職員がいる環境で、
要介護状態であっても安心して暮らせるのが、
夫婦入居できる老人ホームのいちばんのメリットでしょう。
施設によっては、バスルームやキッチンが個室に付いていて
自宅に近い環境で暮らせる老人ホームもありますから、
まずは希望に合った条件や環境の施設を探してみるのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です