多様化しているサービス付き高齢者向け住宅

少し前にも、このブログでサービス付き高齢者向け住宅についての話を書きましたが、
やはり最近はかなり施設数が増えているのだそうです。

右肩上がりに増えているサービス付き高齢者向け住宅

サ高住は5年前の法改正によってできたタイプの介護施設ですが、
その後どんどんと右肩上がりで数が増えていて、
昨年の時点ですでに17万戸を超えているという結果が出ていました。
しかし、目標戸数は当初の60万戸から新たに100万戸となったので、
この戸数に到達するまではまだ時間がかかりそうですが、
いずれにしても今後ますますサ高住は増えていくことが予想できますね。

施設の数が増えているということは、
それだけ選択肢が増えるということになります。
そのため、サ高住も多様化しているのだそうです。
以前はサ高住は医療面でのサポートが外部サービスとなるので、
手厚い医療を受けたい人には向いていないこともある、と書いたものですが、
最近では認知症の症状が進んでいたり胃ろうが必要な方でも入れる施設、
医師が常駐していたり、リハビリ設備が併設されているサ高住も登場している施設、
またはターミナルケアまで行ってくれるところまであるというほど、
サ高住の多様化が進んでいるのだそうです。
サ高住は、以前よりも先々まで長く利用できる設備の整った施設が出ている、
と言えるかもしれません。
447288

利用する側にとっては、
さまざまな併設施設やサービスによって選ぶことができるのは
メリットになりますよね。

サービス付き高齢者向け住宅の人気が高い理由は

サ高住は、有料老人ホームのように多額の入居一時金が必要ないので、
初期費用をある程度抑えることができます。
ですが一般の賃貸住宅と同じように、敷金・礼金がかかることが多いので、
入所時の負担がいちばん軽いといわれる特別養護老人ホームなどと比較すると、
初期費用がかかってしまうことにはなります。

以前にも書いたとおり、介護サービスは別途なので
利用したい時はさらに費用がかかるものですが、
サ高住は自立した高齢者も多く暮らす場となっています。
バリアフリー仕様の設備に加えて安否確認や生活相談サービスが付いている施設なので、
高齢者だけの暮らしに不安や心配な方に高い人気となっているそうです。
24e332ece1ff335ad4a9ae0649d9f545_s

最近では、要介護になっても継続的なケアを受けられるCCRC型の
さらに大規模なサ高住も登場しているそうなので、
住む場所や設備などによって、よりサ高住の選択の幅は広がっていくのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です